無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第87話

ー夕方ー
目を覚ますと、空は赤くなっていた。
柊也
母さん!
陵也
朱里。
柊也と、陵也がいた。
柊也
母さん大丈夫か?
朱里
ええ。なんとか。
陵也
まだ退院はできないって、琉也が。
朱里
そうだよね。。。
柊也はなにか思ったのか・・・
柊也
俺、樹里の所いく。
そう言って、病室をでた。
陵也
二人にさせようと・・・
朱里
家族水入らずでもいいのに・・・。
陵也
ま、柊也らしいな
朱里
そうね
そして、笑いあった。
樹里の部屋
樹里!

今月いっぱいで、退院の目処着いたよ!
樹里
本当に?おめでとう!
桜は、リハビリを頑張り、少しの距離なら、普通に歩けるまで回復し、食事も半分以上まで食べれるまで回復した。
樹里
最近熱ないの?
うん!
樹里
いいなぁ。退院。
私は無理だもん・・・




それだけじゃなにも始まらない