無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

川上医療大学付属川上病院ー樹奈目覚めるー
桜蘭と樹奈が運ばれて、1週間。


桜蘭は目を覚ましていたが、樹奈はまだだった。
樹里
・・・お母さん・・・
樹里も、目を覚ましていた。

桜も熱が下がって最近は発熱もなく、少し食欲が戻っていた。






あの看護師さんの清水さんも現場復帰していた。
樹里
ねぇ。お父さん!大丈夫なの?
琉也
・・・大丈夫だ。
樹里
・・・。
清水看護師
Spo2上がってきました!

98%です
樹奈
・・・
樹奈が動いた。
樹奈
・・・っ。
少しずつ目を覚ます。
琉也
樹奈!
樹里
お母さん!
琉也
樹奈?わかるか?
樹奈
つ・・・う・・・ん
頷く
樹里
よかった!お母さん!
完全に目を覚ました樹奈。

道管した器具を外す。
樹奈
げほげほっ!げほげほっ!
酸素マスクをつけた。
樹奈
すぅ。はぁ。
琉也
・・・大丈夫か?
樹奈
うん・・・

・・・苦しくないよ。


樹里は?

頭打ったって。
琉也
樹里は大丈夫だ。
樹里
うん!

頭打ったけど、大丈夫みたい!
でも、目覚めてから

「じわじわと頭痛が起こっている」

何て言えない。

お父さんにもいってない。
樹奈
樹里。嘘ついてる。


頭痛してるでしょ?
樹里
大丈夫!大・・・





うぐぐっ・・・
バタッ・・・
琉也
樹里!



もしかして・・・。


清水さん!


CT室オーダーして!
清水看護師
わかりました!
樹里をストレッチャーに移して、CT室に移動する。












わたしってわがまま