無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

病院
桜蘭
桜・・・大丈夫なの?
春馬
ひとまずな。

解熱剤の点滴打ったし、熱が下がれば、大丈夫だろ。
桜蘭
よかった・・・。
ほっとした様子を見せた。
春馬
少し休んでろ。
そう言って、椅子を指差した。
桜蘭
うん-
うなづく。

春馬が席をはずす。

少しして・・・
春馬
これ。

桜蘭が好きな、ホットリンゴティー。
春馬は桜蘭の好きな飲み物をかって、戻ってくる。
桜蘭
ありがとうね!

てか、昔はよく買ってきてくれてたわよね。
春馬
そうだったかな。
照れ隠すように言った。



苦しい時こそ願いは叶う