無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第139話

翌日ー学校ー
来るかな。
春樹
さぁな。
ぶりぶり子
…お…おは…
来たんだ。

勇気あるね!
ぶりぶり子
パパが…


自分のせいだろって。
柊也
話したんだ。
ぶりぶり子
だって!

悪くないもん!ぶり子!
そう言って、柊也に近づいた
ぶりぶり子
…悪くないもん!
一軍 李流
酷いこといったのは、どこの誰ですか?
一軍 凛々
まずは?謝ってもらわないと、ここに入れさせません

それは、陵也先生、春翔先生には、了承済みです。
そういうと、陵也が入ってきた。
陵也
転校生のぶりぶり子!

今から、病院にいくぞ。
少し、怒りを露にしていた。
ぶりぶり子
せんせぇ!

ぶり子いじめられてますぅ
陵也
そんなことより、いくぞ。
陵也が無理やり連れていった。
…凛々ちゃん…李流ちゃん…樹里の為に…ありがと…
一軍 凛々
大事なクラスメートの為だよ!ね!李流!
一軍 李流
うん!そうだよ。


てか、うちらああいうぶりっ子超嫌いー!
一軍 凛々
それなー。


いじめないだけでも、いいと思わなきゃ。
私達はカーストの上位にいるが、いじめとかそういうの嫌い。
一軍 李流
今日面会にいってもいい?
一軍 凛々
私も!
他クラスメート
私/うち/僕/俺達もいい?
大人数だと、樹里疲れちゃうから、


今日は、凛々ちゃん、李流ちゃんの2り。

明日は…
他クラスメート
わかった!
そして、今日は、凛々と李流が面会にいくことに。

明日から、数人に分けて、面会にいくことにした。











諦めず夢と