無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

桜の病室
1時間ほどたわいのない話をしていた。
っ・・・
春樹
桜?
疲れたか?
うん・・・
コクりとうなづく。
柊也
樹里もかえるか。
樹里
そうする・・・。

てか・・・寒い・・・。
側にあった体温計をとって、計った。
樹里
くしゅんっ!
ピピピ…










8ど9・・・
桜も測る。
ピピピ…









8ど2・・・
琉也
樹里。帰るぞ。
樹里
うん。
たとうとしたが、力が入らなかった。


それを見た、柊也が樹里を抱き抱えた。
樹里
ごめん・・・ね
そのまま、目を閉じた。







You make mistake but for a reason