無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

土曜日
土曜日になった。

何事もなく、家につく。
樹里
ひさしぶりの家だ!
嬉しそうにはしゃいでいる。

だが、琉也に止められ、少し部屋で休むことになった。
柊也
樹里!
部屋で休んでると、柊也が部屋にやって来た。
柊也
これ。母さんから。
そう言って渡したのは、おばさんが作ったプリンだった。
樹里
ありがとうっ
早速食べようと、柊也にスプーンを持ってきてもらう。
樹里
おいしい・・・
柊也
そういえば、母さん、樹里が退院するたんびに作ってたよな。
樹里
うん--
それと…柊也が風邪引いたときとか。

食べ終わって、一休みする。
















目を閉じて思う