無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

屋上
桜蘭
桜は大丈夫?
うん-

屋上って、涼しいじゃん。

廊下よりも。

だから、もう少し。
春翔
でも、風邪っぽいって、聞いたけど。
春樹
だから、あんときもたおれたんじゃないのか?
桜は樹里の部屋にいたとき、軽い熱中症だと思われていたが、そんとき、7度8の発熱があった。
桜蘭
桜も戻ろう。

風邪、ひどくなるよ。
大丈夫。

もうなおっ・・・






げほっげほっ。げほっ!
春翔
治ってないじゃんか

戻った方がいい。
わかったよ・・・

おじさ・・・じゃなくて春翔せんせぇ・・・
そう言って、ゆっくり立ち上がった。

ふらつきはなかったが、春樹が支えてくれた。

そして、春樹たちと一緒に、屋上をあとにした。

教室へ戻る前に、念のため、保健室で熱を測る。
樹奈
7ど5か・・・


大丈夫だと思うけど、どうする?
ここで休んでてもいい?
樹奈
いいわよ。
桜蘭
じゃぁ、桜のことよろしくね
樹奈
ええ。

じゃぁ、桜ちゃん、こっちのベットで横になってね。
はぁーい。
ベットに横になった。













必ずたどり着く