無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第68話

翌日ーICUの樹奈ー
樹里
お母さん。
夜中に、発熱した樹奈。
樹里
お父さん。大丈夫なの?
琉也
・・・。
樹里
お父さん!何か言ってよ!
琉也
樹奈は大丈夫だ。

発熱した程度。


今、38℃。

熱が下降すればいいが。
樹奈は、解熱剤をいれれない体質なのだ。
樹里
・・・私のせい・・・



でも



大丈夫なんだよね?
樹奈
っハァハァ・・・


樹里。私は大丈夫よ。




でも早く退院しなきゃ。


学校に迷惑かかるわ。うん。
琉也
それだけ、仕事に情熱持ってれば、大丈夫そうだな。
樹奈
私は大丈夫よ!
だが、急にむせ混んでしまう。
樹奈
げほっげほっ!
そして、苦笑いする
樹奈
はは・・・はぁ・・・。
深呼吸すると、落ち着く。
樹奈
てことで樹里。お母さん大丈夫。


あんたは病室戻る。いい?
樹里
・・・はぁーい
樹里がICUからいなくなった。















秘密にしてる方が幸せだから