無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第71話

病院廊下
春馬
桜!
お父さん・・・
春馬
足大丈夫か?
うん-

軽い捻挫だって。
ナース
1日2回の湿布交換で

1週間様子見てくださいって。
春馬
そうか。
中身を確認すると、湿布しか入っていなかった。
春馬
あの先生鎮痛剤はいれてくれなかったようだな。
痛みでたらどうすんだっつうの。



整形外科のあの先生どっか抜けてるんだよな。
春馬
まだ痛みあるか?
うん。でもそのうち、痛みとれるでしょ
だが、夜中。

桜の足は激痛を伴っていた。
っ・・・いたいっ・・・
ねぇ?本当に軽い捻挫なの?
・・・っ!
桜は我慢の限界が来て、NCを押した。
ナース
どうしたの?
痛い・・・
ナース
どのへん?
右足・・・膝からした・・・
ナース
そっか。


鎮痛剤入れよっか。
お願いします・・・っ
鎮痛剤をいれてもらった。

そして看護師さんは何も言わずに、痛みが引くまでいてくれた。













君に伝えられるだろう