無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第96話

翌日ー樹里の部屋ー
翌日。樹里の意識はしっかりとしていた。


酸素マスクは手放せないようだった。
清水看護師
朝のバイタルチェックするね。
樹里
はぃーい
桜退院かぁ。
清水看護師
血圧 109/68

熱は7度2ね。大丈夫そう。

SPO2は96%~98%

酸素マスクはずしても、96%あるし大丈夫そうね。

でも、呼吸苦しい?
樹里
ちょっとしんどいかな・・・。

鼻酸素でもいいけど・・・
清水看護師
ま、先生と相談するわ。

ありがとうね。
樹里
はーい。
そのあと直ぐに琉也が入ってくる。
清水看護師
琉也先生。

バイタル安定しています。


樹里ちゃん希望で鼻酸素にきり変えたいと・・・
琉也
わかった。鼻酸素にきり変えよう。


じゃ、心臓の音聞くな
樹里
うん。
樹里の心臓は

またさらにゆっくりになっていった。
ドクッ・・・          ドクッ・・・
一回動いて、3秒後に動く。みたいな感じで音も微量。

いつ動かなくなってもおかしくない状態だった。
琉也
問題なさそうだな。
樹里
よかった。
琉也
じゃぁ安静な。
樹里
うん
お父さんは清水看護師さんと行ってしまった。















だけどまだいつまでも変わらない Secret Of my heart Our future is forever