無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第117話

診察室ー桜、春樹ー
春馬
ごめん。。ちょっとそこで待っててくれ
うん
待合室に座る。
待っててくれって!
春樹
桜が忘れてたからだろ?
まぁそうだけど-
そして、呼ばれる。
春馬
今日は、熱なかったか?
うん。ちゃんと、朝と、お昼に測ったよ。
春樹
お昼は俺もついていったから、大丈夫。なかった。
春馬
そうか。

口開けて。
あー…
春馬
大丈夫そうだな。
うん。でも、疲れてると頭痛いんだよね・・・

だから、あー無理したなって。
春馬
退院してからか?
うん。

家に、頭痛薬とか置いてなかったから、

寝て、治してた・・・


でも、痛み取れない時もあるかな・・・
頭を押さえて言う。
今もちょっと痛いかも・・・
春馬
うーん。
ただの頭痛だったら、寝てなおるか。

続くようだったら、あれだな・・・

脳腫瘍とか、何かある可能性もあるな。
春馬
検査して、何もなかったら、


痛み止めだけ出しておく。
検査・・・?


ああ。樹里が行った検査ね。
心配はしてない様子。
春馬
あ。看護師さん。CT室オーダーしておいて。

それと、脳外科の先生にも、コンサルしておいて
ナース
分かりました!











ずっと You're my best friend