無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第108話

樹里の病室ー面会時間ー
柊也
樹里!遅くなってごめんな!
樹里
大丈夫だよ!来てくれて。


桜、1時間前に帰ったよ。
柊也
そーか。


てゆうか、

面会時間ギリギリだな。


本当にごめんな!部活長引いてよ。
樹里
うんん。大丈夫!

部活お疲れさま!
そういえば、県大会…今月だ・・・


最近ピアノ引けてないなぁ。

大丈夫かなぁ。。
柊也
そういえば!県大会今月だよな?

練習できてるのか?
樹里
最近ね色々合って、出来てない・・・


明日久しぶりの練習日なんだ!
私は心臓が悪いのに、ピアノの音には全然発作起こさない。

慣れちゃったのかな?


そして、県大会が終わると、直ぐに来年の県大会に向けて練習を始める。

県大会後の新年明けてすぐ、1月中に全国大会が始まる。

なので、全国大会も同じ曲でやる。

そして、県大会優勝はいつも音葉ちゃん。2位が私。私はぎりぎりいつも全国に行ける。
樹里
ピアノ頑張らないと!
柊也
だな!


俺樹里のピアノ好きなんだよな。。

人とは違う的な?

よくわかんないんだけど、


音葉ちゃんのピアノとちょっと違った、樹里独特の音色っていうか・・
色々褒める。
樹里
・・・ちょ褒めすぎ!
柊也
良いだろ?




それと…

俺は、樹里の事も・・・
















「好きだ…」




















自分のこと責めてる君の心