無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

ICUー樹里と樹奈ー
念のために、ICUに樹奈をいれた。
樹里
え?お母さん?
琉也
大丈夫。

目覚めれば、すぐ退院できる。
きっぱりといった。
樹里
うん-


もしかして・・・

喘息型過呼吸症候群?
琉也
ああそうだ・・・
樹里
疲れてたんだ・・・



私のせいかも・・・。。


私がこんな体だから・・・お母さん・・・

気休めなくて・・・。
樹奈の方を見ながら言う。
琉也
大丈夫だから。

樹里がそんな顔してどうする?
樹里
でも・・・。
琉也
樹奈が目覚めたときに、そんな顔してたら

だめだ。

樹奈は大丈夫だから!

なっ?
樹里
うん。
そうだよね…そんな顔してちゃだめだめ-

笑顔笑顔・・・。
樹里
ニコッ・・・。
無理矢理笑顔を作った。


だが、その笑顔は涙へと変わった。
樹里
っ・・・

ごめんなさいっ・・・
やっぱり、私のせいだよ・・・っ!!
樹里
お母さんに無理させてたんだ・・・。
本当にごめんなさい!



大粒の涙が流れ落ちる。


そして、琉也が椅子を持ってきた。
琉也
泣きたいだけなけ。
樹里
うんっ・・・
うなずいて椅子に座った。
樹里
・・・お母さん・・・

大丈夫・・・だよね-。。



お母さん。私は大丈夫だよっ
樹奈のベットに顔を埋めた。











このまま臆病な私じゃダメだね