無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第95話

樹里の病室ー樹里と桜ー
樹里っ!きたよ!
夕方。桜はまた病院にいた。
すぐ行こうとしたんだけど、お父さんに止められた💦
樹里はまだ意識はっきりとしているわけではないから桜の方をみて、話だけを聞いていた。
樹里!元気になったら、どこへいく?
「やっぱり、イルミネーション?」
行く?行っちゃう?
独り言のように、樹里に話しかけた。
樹里が元気になるのが先か!
桜の言葉に、


「だよね」

と頷かんばかりに、頷いた。
樹里。待ってるからね!








Can't you see,you're my heart

どんな作り物も簡単に壊れてしまう日が来る