無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

自動販売機ー朱里と夏希ー
夏希
あ。朱里
朱里
夏希。

桜ちゃんのお見舞い?
自動販売機の前で偶然出会う。

まだ樹奈と桜蘭のことは知らせていない。
夏希
あ。しらせてなかったね・・・。

桜蘭が倒れちゃって。

今病院。
朱里
桜蘭が??


こっちも、樹奈が

喘息型過呼吸症候群で倒れて。




あ。熱性痙攣・・・?
夏希
そうなの。



あ。そっか--


樹奈大丈夫なの?
朱里
うん。目覚めたら、大丈夫って

琉也言ってた。
夏希
そうよかった!


桜蘭も目覚めて、熱下がったら大丈夫だろうって。

春馬言ってたわ。
朱里
よかった・・・。


そういえば、昨日大変だったね--


秀悟君大丈夫なの?
夏希
大丈夫みたい。

秀悟君が悪いのよね。

無理矢理、誠也君が乗ろうと借りてた三輪車とるんだもんね。
朱里
そうそう。

それで、誠也君が突き飛ばして。
秀悟君は夏希のクラス

誠也君は朱里のクラス
夏希
でも、秀悟君

外いくなら、あの三輪車借りるんだ!

って私に言ってたから

誠也君がさきに借りてたから

それでかもね
朱里
あ。そっか。

誠也君も言ってたよ。


それとね、

秀悟君にはいってなかったんだけど、

あのとき突き飛ばさないで、

1週したら、交代するから

交互に乗ろうよ!

って言えばよかったって。
夏希
そっか--

秀悟君が無理矢理、とったから、かぁっとなちゃったんだね。
朱里
うん-
今日は、市の創立100周年記念で休みである。
川上市は小中校幼稚園保育園と休み。会社も休みであるが、

老健、特養といった、介護施設は川上市の創立記念祝日でも関係ないのだ。
夏希
子供達って、そういうところあるよね。

まえなかった?

春樹と柊也君。
朱里
あったあった!

あれは完璧柊也がわるかったのよね。

でも、僕はわるくない!

の一点張り。
夏希
そうそう。

懐かしいわね。
朱里
そうね-

そろそろ戻るわ。
夏希
じゃぁ。私も
自動販売機をあとにした 













だからねもうバイバイ今までの私に