無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第81話

樹里の病室
清水看護師
気持ち悪くなっちゃたっか・・・。
樹里
うん・・・
清水看護師
まだ吐きそう?
樹里
わかんな・・・


うぇ・・・

こほっ!
また吐いてしまう。

今度は少量だ。
樹里
ハァハァ・・・
少量をまた吐いてしまった。
そのまま疲れきったように、ぐったりし始めた。
柊也
脱水症状か・・・?
清水看護師
・・・ですね
何?顔つき・・・琉也先生にそっくり・・・

そっか・・・琉也先生とはいとこ?にあたるのか。
清水看護師
点滴持ってくるから。
柊也
はい。
看護師さんは点滴を持って、琉也と戻ってきた。
琉也
輸血して、嘔吐したらか・・・。。。


脱水だな・・・。
清水看護師
ええ。柊也君も言ってましたよ
柊也
おじさ・・・じゃなくて琉也先生。


清水さんがいったあとに、再度嘔吐したんだけど・・・

血混じりだった。

茶色っぽい。


なぁ。樹里って、

輸血ショック症状なんじゃねぇか?
琉也
たぶんな・・・
柊也
じゃぁ・・・輸血できんのか?
琉也
そんなことはない。50ccで発症したけどもう少し少なければ、大丈夫だと思う。

チャレンジテストしようと思う。

1週間ごと、まずは5ccから。
柊也
それで、なにかわか・・・

そっか。

50ccがダメなら、ギリギリまで輸血できるか見るってか・・・
琉也
そうだ
きっぱり頷くと、樹里の方を見た。













少し離れて歩く