無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第54話

医局室ー樹奈、桜蘭の救搬ー
春馬
樹里ちゃん、大丈夫そうでよかった。
琉也
でも、明日まで油断禁物だけどな。


桜ちゃんは?
春馬
今熱とかないけど、

体力めっちゃ落ちてる。


小さい植木鉢さえおもいって。
琉也
じゃぁ、車イスなんてめっちゃ重かっただろうな。
春馬
ああ。

歩くこともまなららないぐらい。

すこし歩いてもらったけど、すぐよろめいて。
琉也
そうか・・・。
春馬
多分、もう無茶はしないと思うけど・・・。

で、樹里ちゃんICUにいれるのか?
琉也
ああ。明日までな

何かあったら、やばいから。
春馬
そうか。

何事もなければいいな。
琉也
だな。
すると


「ぷぷぷるる」
琉也
はい。川上医療大学付属川上病院です-
救急隊
川上消防です。

名前、明野樹奈さん。37歳女性。自宅で倒れたとのことです。

その倒れる寸前に、喘息になって、過呼吸がおこったみたいです!

バイタル 血圧126/99。 脈90 酸素98

安定してます。
琉也
・・・わかりました
救急隊
受け入れ可能ですか?
琉也
可能です!

そとで待ってます!
救急隊
はい!

5分で到着です!
そして、ナースと春馬と一緒にそとで待った。
春馬
過呼吸型喘息症候群か?
琉也
ああ。

まだ、完全に完治してないんだ。


疲れがひどいと、なるんだ。
春馬
今、樹里ちゃんのこともあるもんな-

気休めんのだろう。
琉也
だな-
すると・・・春馬の携帯がなった。
ナース
春馬先生!

また、川上消防からで

奥さんの桜蘭さんが、

体調悪化して、痙攣起こったみたいで。

今救搬するそうです!

受け入れ可能ですか?
春馬
わかった!

受け入れ可能と伝えてくれ!
ナース
わかりました!
そして、救急車がきた。
琉也
何があったんだ?
朱里
これから、私と樹里ちゃんのお見舞い行くところで、樹奈が家ドア開けた時に、急に風舞い上がって!
琉也
そうか!

多分、目覚めれば大丈夫だと思う。
そして、別の救急車がきた。
救急隊
今さっき、薬入れて落ち着いてます!

強い痙攣じゃなかったのが幸いです!
春馬
わかった!ありがとう!





何があった?元々、体調悪いのは知ってたけど!
夏希
朝から、体調悪いっていってたから、様子見にいったんだ。

そしたら、熱急激に上がって、痙攣起こって。
春馬
わかった!ありがとう。


熱が下がれば、大丈夫そうかな-
そして、2りを病室へ運んだ。















楽しくもなるけど、不安にもなる。