無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第111話

翌日ーピアノレッスンー
樹里
由実先生!お久しぶりです。
由実先生
樹里。久しぶり。

音葉も頑張ってるわ。


樹里。あなたの目標は、県大会でミスなく弾けること。
樹里
はい!
そして、ここ最近は練習できていないことを話した。
由実先生
そうよね。体調は?
樹里
今日はめちゃ体調よきです!
由実先生
そう。でも無理は禁物ね。
樹里
はい!
そして、ピアノにてをかけた。
由実先生
まずは何も言わない。さぁ弾いてみて!
樹里
はい!
♪損じゃない!?今からでも
いいんじゃない!?やれること
思った通りにやってみよう君と出会うまで・・・



そういえばサビ。強く弾くって。
由実先生
そうそう・・・
ミスなく弾けた。
由実先生
さすが樹里ね。

前言ったこと覚えてるのね‼️

これなら大丈夫そう。

体調がいい日に、ちゃんと練習するのね!
樹里
わかりました!
そしてもう一回弾いてみる。
由実先生
これなら大丈夫そう。

県大会突破できるかも?
樹里
ほんとですか!
由実先生
ええ。

じゃぁ、少し休憩してから、再開ね!
樹里
はい!










分かるよね your my boy friend you can me on my