無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

樹里の病室
樹里
何か、外騒がしいね・・・。

お父さんもいっちゃったし・・・
樹奈
何かあったのかな?
中にいて、聞こえた。
ナース
桜ちゃんの、解熱剤持ってきて!

あとっ!
看護師さんの大きな声。
樹里
桜・・・?
いかなきゃ・・・いかなきゃ・・・
樹奈
樹里!まだだめよ!
心電図モニターを無視して、廊下に出ようとした。


「ぴっーー」


大きなおとがする。
樹奈
まだ、麻酔とけたばっかなのよ?
そう。まだフラフラだった。
樹里
いかなきゃだめなのっ!
そう言って、ドアを開けた。
琉也
樹里っ!どこにいく!
樹里
桜のところっ!

どいてっ!
琉也
まだダメだ。

ベットにいくぞ。
体力が落ちている樹里は、簡単に琉也に戻されてしまった。
樹里
ハァハァ・・・

桜っ!
樹奈
桜ちゃん、大丈夫なの?
琉也
また、熱あがってな。
樹里
いかなきゃ・・・。

お父・・・
琉也
わかった。
車椅子を持ってきてもらい、桜の病室へ向かった。














君に全然興味ないウソ