無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第119話

樹里の病室
桜が行ってから、柊也と話していた。
樹里
桜、大丈夫かな。
柊也
え?
樹里
頭痛いって言ってたから…
柊也
大丈夫だろ。


桜、春樹と入院中の勉強昼休みにやってたから、勉強のし過ぎなんだろ。
樹里
そうだったらいいんだけど・・・。
心配だなぁ。


春馬先生に今度聞いとこ・・・
そして、30分ぐらい経つ。
樹里
え?桜?
春馬
大丈夫。疲れてるだけだよ。
樹里
なら良かった・・・
ホッとする。
樹里
でも、桜、ほぼ毎日来てくれるから・・・無理させちゃったかな・・・。
桜の方みて、呟く。
樹里
ごめんね。桜・・
ありがとう my best friend 側に居てくれる勇気…
そう。桜と出会ったのは、夕焼け帰り道だった。

一人じゃないって思い始めた。


ありがとうをくれた桜の笑顔が眩しすぎて、目を閉じて溢れた…











二人を引き裂くことなんてない