無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

No.1 気になる人がいます。
〜陽太 side〜


俺は高2のクラス替えで同じクラスになった文学少女が少し気になっていた。

俺の中の文学少女の方程式と言えば、
文学少女=いつも1人
だった。つい最近までは。

この文学少女。いつも誰かといて、誰かとケラケラ笑ってる。

そんな文学少女に俺は恋(?)をしている。
宮下 真冬
宮下 真冬
陽太っ!聞いてるのか?
秋野 陽太
秋野 陽太
へ?あぁ、ごめん。
なんだっけ?
楠瀬 愛莉紗
楠瀬 愛莉紗
もぅ、今度5人で出掛けようって話してたんだよ?
あと、ようくんの予定が合えば行けるんだからね?
ちょっとここで紹介します。

さっき聞いてんのか?って言ってきたのが俺の親友の宮下 真冬。あだ名はみや。

その次に5人で出掛けよう出掛けようの話は幼なじみの愛莉紗。
秋野 陽太
秋野 陽太
行ける、行ける。
次はどこに行くの?
武智 叶芽
武智 叶芽
あのテーマパークは?
新しく出来た!
あぁ、あそこか。

あそこはカップルが多く来てもらうのが目的だから、二人乗りが多いんだよな。。

↑リア充の姉から聞いた。
宮下 真冬
宮下 真冬
5人じゃ回りにくいだろ。
二人乗りが多いらしいぞ。そうなんだろ?陽太?
秋野 陽太
秋野 陽太
ん、姉が彼氏さんと行った時に言ってた。
音川 美生
音川 美生
あ、じゃあ順番代わりながら二人乗りして行けばいいんじゃないの?
武智 叶芽
武智 叶芽
そうしよ!ね、愛莉紗もそうしたいでしょ?
楠瀬 愛莉紗
楠瀬 愛莉紗
うん。ようくんどう?
なぜ俺に聞く?!

まぁみやも行きたそうだし行けばいっか。
秋野 陽太
秋野 陽太
うん。いいと思う。みやもそう思ってると思う。
宮下 真冬
宮下 真冬
同意します!
俺たちがこの話をしている時、文学少女が何をしていたかと言うと。

----------------------------------------------
〜あなたside〜
あなた

かぐ、ここさっきなんて言ってた?

神楽坂 樹香
神楽坂 樹香
そこは、ここに書いてること。
かぐこと神楽坂 樹香が自分のノートを指さしていう。
あなた

やっぱりかぐのノートは見やすいね!

神楽坂 樹香
神楽坂 樹香
はいはい。分かったから早く写して。時間なくなるよ?
あなた

はーい。

かぐは大人っぽくて、落ち着いた雰囲気のある、私の中学からの親友。

なんやかんやでいつも面倒見てもらってたりします(笑)
あ、申し遅れました。

凪崎 あなたです。

みんなからは、なぐと呼ばれてるよ!
神楽坂 樹香
神楽坂 樹香
あ、チャイムなるからまた後でね。
あなた

かぐ、ありがとう!

神楽坂 樹香
神楽坂 樹香
いーえ。
かぐが席に戻ったとき、クラスの1人と目が合った。

確か名前は、、

秋野 陽太くん。

一切関わったことないです。(現在5月)
まぁ、これから関わるでしょう。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

桜 牡丹餅 *❀٭
入賞者バッジ
桜 牡丹餅 *❀٭
tap please ❥❥❥ 桜 牡丹餅*❀٭ ❄今年の目標❄ 新しい種類の小説にチャレンジ👑 ᵃⁿᵈプリコンで入賞👑 達成💮 第6回プリコン:準グランプリ👑 恋愛相談アプリ 《更新中》 クッキーに想いをのせて -続編- お面の君と私の想い 短編小説集 《完結》 〜夏時雨〜両思いをこじらせている2人[完] 運動少年と文学少女。《完》 お届けものです。~完~ クッキーに想いをのせて〔完〕 恋愛相談アプリ 《完》 想い出がここに。 *the end*
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る