無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

No.2 初対面
〜あなたside〜

終礼後、かぐは帰宅部だからすぐに帰るし、私も部活に行こうとした。

あ、そういえば私の部活言ってなかったよね?

文芸部で小説書いてます。

今回の題材はサッカー部の男子とマネージャーの女子の話。

なんとなくは決まってるけど、男子が全くわかりません。

サッカーする男子の気持ちが分からないっ!!!
あなた

サッカー部の誰かと話せたらいいのに・・・。

誰もいない教室。

嘆くように言った言葉。

たまたま来た一人の少年は聞き逃さなかった。
秋野 陽太
秋野 陽太
俺で良ければ話そうか?
あなた

えっ?

そこには、サッカーのユニホーム姿をした、秋野君がいた。
秋野 陽太
秋野 陽太
サッカー部だけど、話したいなら聞くよ?
あなた

え。でも、部活あるんじゃ・・・?

秋野 陽太
秋野 陽太
あ〜、終わるの待ってくれたら帰りながら話せるけど。
文芸部って終わるのはやいっけ?
あなた

私は遅いよ。多分秋野くんとかが帰った後までいるから。

秋野 陽太
秋野 陽太
ならさ、今日一緒に帰らない?
あなた

えっ?

秋野 陽太
秋野 陽太
凪崎さんがいいなら、文芸部室まで迎えにいくし、先に終わったなら運動場来てくれたらいるし。
あなた

誰かと帰ってるでしょう?

秋野 陽太
秋野 陽太
俺いつもひとりだよ。
先生にパシリにされるから先帰っててもらってる。
あなた

あ、じゃあ一緒に帰りたいな。

秋野 陽太
秋野 陽太
分かった。文芸部室行くから待っててくれる?
あなた

分かった。
待ってるね。

秋野 陽太
秋野 陽太
ん、じゃあまた後でね。
そういって、教室から出ていった秋野くん。

優しいなぁ。初めて話す人にあそこまで話しかけれるって凄いと思う。

私もコミュニケーション能力あげないといけないなぁ。。
あなた

文芸部室行こう、、

私は教室の鍵をしめ、部室へと向かった。


ある少女の目線に気づかずに、ね。
〜3時間後〜
コンコン
先生だろうか。

今日は速いなぁ、まだ終わってないんやけど。
あなた

はい。すぐに片付けます。

秋野 陽太
秋野 陽太
ん?俺だよ。秋野。
あなた

あ、、

ごめん秋野くん。

忘れてました。
秋野 陽太
秋野 陽太
もしかして忘れてた?
そう言いながら部屋に入ってくる。
あなた

ごめん。忘れてた(笑)

エヘヘへ〜と笑いながら言うとクスッと秋野くんが笑った。
秋野 陽太
秋野 陽太
凪崎さんてそういうキャラなんだね。
そういうキャラとはなんだ?

そう聞きたいところだが我慢しよう。
あなた

イメージ壊れた?

秋野 陽太
秋野 陽太
そうでもないよ。ていうか凪崎さんの事なんて呼べばいいの?
あなた

大抵の人はなぐって呼ぶよ?

秋野 陽太
秋野 陽太
なぐ。
・・・。

なんか、凄くいい。

秋野くんに呼ばれると凄く心地よく感じる。
秋野 陽太
秋野 陽太
なぐ?どうした?
あなた

な、なんでもない。
秋野くんは秋野くん。

秋野 陽太
秋野 陽太
はいはい。分かりました(笑)
秋野くんがめっちゃ静かに笑ってる。

めっちゃバカにされた気分なんですが?
秋野 陽太
秋野 陽太
帰ろうか、
あなた

うん。

私は荷物を持って部屋を出た。




数メートル先に一つの影が。
あなた

ん?

秋野 陽太
秋野 陽太
どうした?
楠瀬 愛莉紗
楠瀬 愛莉紗
・・・。
秋野 陽太
秋野 陽太
愛莉紗・・・?
楠瀬 愛莉紗
楠瀬 愛莉紗
・・・ようくん。
・・・帰った方がいいパターンよね。

私が書く小説でもあるあるパターンだよ。

この場合は帰るね。ってそっと言ってかえるか、
黙って帰るかの二択。

黙って帰ると追いかけられる確率があり、危険。

なので、こうします。
あなた

秋野くん。

秋野 陽太
秋野 陽太
ん?
あなた

用事思い出したので先帰るね。
誘ってくれたのにごめんね。
今度帰ろうね。
また明日!

私はそれだけいい、廊下を早足て進んだ。

職員室で早々に鍵を返し、靴を履き駅まで軽く走る。

これでも運動出来ますよ?

百メートルなら15秒で走るしね!
電車に乗った。

家の最寄り駅に着き、そこからも走って帰宅。

ただいまーのあとはご飯を食べて勉強。


のはずだった。
駅につき、駅に入ろうとした瞬間、腕をグイッと後ろに引っ張られ、バランスを崩したっと思った刹那、誰かの胸にすっぽりと収まった。
秋野 陽太
秋野 陽太
なぐ。
あなた

・・・秋野くん。

秋野 陽太
秋野 陽太
なんで先帰んの?
あなた

楠瀬さんと帰ると思ったから。

これ正直です。

まじで帰ると思ったんやもん。

仕方なく無い?あの状況。いつもいる2人。

今日初めて話した人→自分。

誰でもしてまう行動やと思うねんけどな。。
秋野 陽太
秋野 陽太
先約は?
あなた

楠瀬さん。

秋野 陽太
秋野 陽太
・・・もう一度聞きます。
先約は?
あなた

楠瀬さん。

秋野 陽太
秋野 陽太
・・・これ最後ね。
先約は?
-----------------------------------------------

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

桜 牡丹餅 *❀٭
入賞者バッジ
桜 牡丹餅 *❀٭
tap please ❥❥❥ 桜 牡丹餅*❀٭ ❄今年の目標❄ 新しい種類の小説にチャレンジ👑 ᵃⁿᵈプリコンで入賞👑 達成💮 第6回プリコン:準グランプリ👑 恋愛相談アプリ 《更新中》 クッキーに想いをのせて -続編- お面の君と私の想い 短編小説集 《完結》 〜夏時雨〜両思いをこじらせている2人[完] 運動少年と文学少女。《完》 お届けものです。~完~ クッキーに想いをのせて〔完〕 恋愛相談アプリ 《完》 想い出がここに。 *the end*
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る