無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

No.5 学園祭の係決め
5時間目はもうすぐの文化祭へ向けた係決めだった。

うちのクラスでは演劇をすることになっていて、それのいわゆる役決めである。
佐倉 心花
佐倉 心花
はい。では、今から劇の役決めをしていきます。
まず、裏方の仕事を説明します。・・・
佐倉 心花ちゃん。通称 こはちゃん。

うちのクラスの委員長さんです。

適任だよ?まとめるの上手いしね!
佐倉 心花
佐倉 心花
では、まず劇の台本作りたい方いますか?
あ、やりたいな・・・。
あなた

はい。

私は手を挙げた。

これなら、得意やし出来るっ!
佐倉 心花
佐倉 心花
他に立候補者は・・・いないよね?
周りを見ても誰も手を上げてない。

おしゃっ!
佐倉 心花
佐倉 心花
では、凪ちゃ・・・。凪崎さん。
よろしくお願いします。
パチパチパチ

教室の全てから拍手の音が聞こえた。

みんながよろしく〜って笑って声をかけてくれて。

この瞬間が私は好きだったりする。( ̄∇ ̄*)ゞ
佐倉 心花
佐倉 心花
では、男子の立候補者はいますか?
数秒無言になったあと、1人が手を挙げた。
秋野 陽太
秋野 陽太
・・・。
佐倉 心花
佐倉 心花
・・・秋野さん以外に立候補者はいますか?
あなた

え・・・?

秋野くんが、立候補?
佐倉 心花
佐倉 心花
では、秋野さんに男子は決定します。
パチパチパチ・・・。

拍手の音がなる中、私は1人、考え込んでいた。

秋野くんが立候補・・・。



ダンっ!
武智 叶芽
武智 叶芽
や、やっぱり、女子の台本制作は楠瀬さんがいいと思います!
佐倉 心花
佐倉 心花
・・・はい?
神楽坂 樹香
神楽坂 樹香
・・・急すぎなんじゃないの?
楠瀬 愛莉紗
楠瀬 愛莉紗
わ、私。やっぱり立候補したかったんですっ!
みんなが凪崎さんで良いなって感じで、言い出せなくて。。
佐倉 心花
佐倉 心花
え〜。では、2人にスピーチをお願いして・・・。
秋野 陽太
秋野 陽太
なぁ、佐倉。
こはちゃんが話しているのを秋野くんが遮った。
佐倉 心花
佐倉 心花
・・・なんでしょうか?
事の元凶さん?(ボソッ)
秋野 陽太
秋野 陽太
俺が一緒にやるんだから、俺に決める権利あるだろ?
みんなもそう思うだろ?
宮下 真冬
宮下 真冬
ん、陽太がそうしたいんならいいんじゃね(笑)
みんなが口々にいいんじゃないの?っていってて・・・。

私は、少し怖かったんだけどね。

もし出来なかったらどうしようって。

特技が発揮できんのは辛いことやから・・・。
秋野 陽太
秋野 陽太
じゃあ決めます。
秋野 陽太
秋野 陽太
・・・凪崎さんを選びます。
楠瀬 愛莉紗
楠瀬 愛莉紗
えっ?
武智 叶芽
武智 叶芽
な、んで?!
音川 美生
音川 美生
ありえない・・・
3人がボソッっと言ったのが、私には聞こえた。

みんなには聞こえてない様子。
秋野 陽太
秋野 陽太
なぐ。やってくれる?
あなた

・・・うん。

私はできるだけ笑顔で言うと、すぐに目線を外した。

避けると決めたのに、フラグ回収〜(泣)

まぁ、どうにか、、、なるはず。。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

桜 牡丹餅 *❀٭
入賞者バッジ
桜 牡丹餅 *❀٭
tap please ❥❥❥ 桜 牡丹餅*❀٭ ❄今年の目標❄ 新しい種類の小説にチャレンジ👑 ᵃⁿᵈプリコンで入賞👑 達成💮 第6回プリコン:準グランプリ👑 恋愛相談アプリ 《更新中》 クッキーに想いをのせて -続編- お面の君と私の想い 短編小説集 《完結》 〜夏時雨〜両思いをこじらせている2人[完] 運動少年と文学少女。《完》 お届けものです。~完~ クッキーに想いをのせて〔完〕 恋愛相談アプリ 《完》 想い出がここに。 *the end*
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る