無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

No.8 気づく想いは
〜あなたside〜


凄い所に居合わせてしまった。。

秋野くんがあそこまで大胆だとは・・・思わなかった。

それよりも・・・今思うのは・・・
あなた

嫌だ・・・。

嫌だ・・・、、

あんなことしてほしくない。。

楠瀬さんと二人でいてほしくない。。

抱きしめあったり・・・好き同士とか、、


そんなの嫌だ・・・。。
・・・あれ?

なんでここまで、、私思ってるんだろう・・・
ここまで酷く考えるとは・・・

自分自身が、一番驚いていて、、、、

秋野くんのこと、好きなんだ・・・。

私は・・・秋野くんが・・・
あなた

好き・・・なんだ・・・

気づいたのは遅かった・・・。

もう付き合ってるも同然な2人を見て気づくなんて、

遅すぎだよね。

気づいたそばから失恋💔

ちょっと笑ってしまうなぁ・・・。
あなた

辛い・・・。

口から出た気持ちは自分でも考えたことのない辛さで・・・。
あなた

あれ・・・?なんで・・・涙が・・・

泣けてきた
失恋がここまで辛いとは知らなかった。

流れる涙は止まらない。


そうこうしているあいだに、私の来たかった文芸部室に着いた。
あなた

誰も・・・いないよね?

扉をそっと開けると、そこには思いもよらない人がいた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

桜 牡丹餅 *❀٭
入賞者バッジ
桜 牡丹餅 *❀٭
tap please ❥❥❥ 桜 牡丹餅*❀٭ ❄今年の目標❄ 新しい種類の小説にチャレンジ👑 ᵃⁿᵈプリコンで入賞👑 達成💮 第6回プリコン:準グランプリ👑 恋愛相談アプリ 《更新中》 クッキーに想いをのせて -続編- お面の君と私の想い 短編小説集 《完結》 〜夏時雨〜両思いをこじらせている2人[完] 運動少年と文学少女。《完》 お届けものです。~完~ クッキーに想いをのせて〔完〕 恋愛相談アプリ 《完》 想い出がここに。 *the end*
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る