無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

No.13 振り向かせるよ
〜陽太side〜
あなた

・・・そっか。
じゃあ、今度の試合頑張ってね

俺は、何も言えなかった。

『ありがとう』

その一言さえも、

『手伝えるから』

とも、

何一つ、返す言葉が見つからなかった。
宮下 真冬
宮下 真冬
よーうた!
秋野 陽太
秋野 陽太
みや、、
宮下 真冬
宮下 真冬
どうした。
元気ねぇじゃん。
誰にも言ってなかったな・・・あなたのこと、

好きだってこと。


誰も気づいてないんじゃないかな。

みやに、言うか。
秋野 陽太
秋野 陽太
放課後、聞いてほしいことがある。
聞いてくれる?
宮下 真冬
宮下 真冬
おう!まかせとけっ!
秋野 陽太
秋野 陽太
ありがとう。
親友っていいな。

みやは一見チャラそうなのに、めっちゃ口硬い。

なにか相談してながれた情報は一つもない。

ホントにみやは頼れるなぁ・・・
〜放課後〜
宮下 真冬
宮下 真冬
相談はなんだ。
裏庭前の日陰にて会話してた時。

みやが相談の内容を聞いてきた。。

そりゃな、、言わなきゃだよな

はぁ、、、

俺は意を決して、重い口を開いた。
秋野 陽太
秋野 陽太
俺さ、あなたのことが好きなんだ。
宮下 真冬
宮下 真冬
知ってる。
秋野 陽太
秋野 陽太
そうか、それなら話・・・が、、、は・・・やい?
まてまてまてまてまてまて

なんで知ってんのっ?!
秋野 陽太
秋野 陽太
みやっ!なんで!!!
はっ!?知ってんの?!
宮下 真冬
宮下 真冬
わかりやすいだろ〜。
今日なんて、なぐからあなたになってたし〜。
いつの間にそんな仲良く・・・
秋野 陽太
秋野 陽太
仲良く・・・ねぇよ。
俺は無理やりみやの話を遮って言った。

言ったら本当にそうな気がしてきて・・・。

確かにそうなんだろうけどさ。














でも、昨日までは、、、

昨日までは、うまくやってたと思ってた。

愛莉紗とか色々あったけど、最終的にはどうにかなってるんだと思ってた。




あ、そうか、、

結局両方とも俺の勘違いだったのか。

あなたとは、上手くいってなくて、

愛莉紗のことも、アイツ(あなた)からしたから、負担だったのかな・・・
秋野 陽太
秋野 陽太
ずっと、俺の勘違いだったんだ。
宮下 真冬
宮下 真冬
何言ってんだ?お前凪崎とフツーに話してたじゃん。
秋野 陽太
秋野 陽太
アイツは、嫌だったかもしんね。
宮下 真冬
宮下 真冬
いつからそんな消極的になったんだよ。
秋野 陽太
秋野 陽太
ついさっき。
宮下 真冬
宮下 真冬
・・・。陽太。
秋野 陽太
秋野 陽太
なんだよ。
宮下 真冬
宮下 真冬
俺に出来ることあるか?
秋野 陽太
秋野 陽太
・・・大丈夫。
聞いてくれてありがとう。
こんな時でもそんな事聞いてくれるのか

やっぱりみやはイイヤツだな。






まじでみやは頼りになる。







今までも何回か助けられてるしね。











今回は自分の手だけで、


















・・・凪崎 あなた。
















俺は絶対君を振り向かせるよ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

桜 牡丹餅 *❀٭
入賞者バッジ
桜 牡丹餅 *❀٭
tap please ❥❥❥ 桜 牡丹餅*❀٭ ❄今年の目標❄ 新しい種類の小説にチャレンジ👑 ᵃⁿᵈプリコンで入賞👑 達成💮 第6回プリコン:準グランプリ👑 恋愛相談アプリ 《更新中》 クッキーに想いをのせて -続編- お面の君と私の想い 短編小説集 《完結》 〜夏時雨〜両思いをこじらせている2人[完] 運動少年と文学少女。《完》 お届けものです。~完~ クッキーに想いをのせて〔完〕 恋愛相談アプリ 《完》 想い出がここに。 *the end*
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る