無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

No.15 理性ドッカーン( º言º)
〜あなたside〜
5、6時間目になり、こはちゃんが前に出て、私も前に行き、秋野くんが私の隣に・・・
来たぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!
説明は、わたしがした。

秋野くんは、私がお昼休み勇気を出して渡した紙を見て話してくれた。

話が終わったあと、秋野くんが私の耳もとで
秋野 陽太
秋野 陽太
あとで、話しあるから逃げんなよ?
あなた

っ・・・分かった・・・

って言ってきて・・・

てか、逃げてたことバレてたっ!

大げさやったんやろうか・・・。



それより!いつ話すんやろ・・・

あとでっていつ?
〜陽太side〜
朝からスルーされていた。

今日初めて話したのは昼休みのとき。

『5、6時間目これ読んで話してほしい』

その一言だった。
俺の理性が 《プツン》 と切れたのは5、6時間目のときだった。
理性が切れた理由?

あなたが、アイツが、




アイツがお前(俺)のこと嫌いだ近づくな!

的な目で見てきたからだよ。




理性が保てなくなるのは興奮とかしてるからじゃないの?
って??

興奮<苛立ち

で理性がドッカーンだよ。


俺の場合ね。
秋野 陽太
秋野 陽太
あとで、話があるから逃げんなよ?
あなた

っ・・・分かった・・・

俺の声が硬かったのかも知んないけど、あなたの返事は微妙な感じだった。

てか、後でって言ったけどいつにしようかな。

そこまで考えてなかった。














俺やっぱ、、、、、、、、
















あなたのことになると頭が働かないな・・・

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

桜 牡丹餅 *❀٭
入賞者バッジ
桜 牡丹餅 *❀٭
tap please ❥❥❥ 桜 牡丹餅*❀٭ ❄今年の目標❄ 新しい種類の小説にチャレンジ👑 ᵃⁿᵈプリコンで入賞👑 達成💮 第6回プリコン:準グランプリ👑 恋愛相談アプリ 《更新中》 クッキーに想いをのせて -続編- お面の君と私の想い 短編小説集 《完結》 〜夏時雨〜両思いをこじらせている2人[完] 運動少年と文学少女。《完》 お届けものです。~完~ クッキーに想いをのせて〔完〕 恋愛相談アプリ 《完》 想い出がここに。 *the end*
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る