無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

No.23 幼なじみ
〜陽太side〜
楠瀬 愛莉紗
楠瀬 愛莉紗
ようくん次アレ行きたいっ
楠瀬 愛莉紗
楠瀬 愛莉紗
ようくんこのお菓子美味しいよ
楠瀬 愛莉紗
楠瀬 愛莉紗
ようくん
楠瀬 愛莉紗
楠瀬 愛莉紗
ようくん
さっきから何度も呼ばれた《ようくん》というあだ名。

キャンプファイヤーの時間までは、あと30分だというのに、愛莉紗はいつまで経っても外に出ないようにしている。
秋野 陽太
秋野 陽太
愛莉紗・・・
楠瀬 愛莉紗
楠瀬 愛莉紗
なぁに?
秋野 陽太
秋野 陽太
キャンプファイヤー見ないの?
楠瀬 愛莉紗
楠瀬 愛莉紗
・・・一番見やすいところ、知ってるから。
そう言って、愛莉紗は一向に出ようとはしない。



そのまま何分か回っていると1通のLINEがきた。


真冬・・・?

・・・💢
秋野 陽太
秋野 陽太
ちょっと裏庭行ってくる。
そう言って、早足で裏庭に向かった。
裏庭の扉を開けようとすると、扉の向こうから聞きなれた二人の声が聞こえた。
宮下 真冬
宮下 真冬
なぐはどうしたいの?
あなた

この気持ちを・・・伝えて・・・
当たって砕けたい

宮下 真冬
宮下 真冬
振られる前提なわけ?
あなた

うん

宮下 真冬
宮下 真冬
どんだけ弱気なんだよ(笑)
あなた

うるさいわっ!私はみやみたいに自信家やないし〜!(笑)

宮下 真冬
宮下 真冬
俺のどこが自信家だって?えぇ?
あなた

いはいっ!やへてぇ!

・・・

この状況はなんだ・・・?!


入っていいのか・・・


知らなかった設定ではいっちまえっ!(ヤケクソ)
ガチャ
あなた

ふぇ?

宮下 真冬
宮下 真冬
陽太
秋野 陽太
秋野 陽太
お前ら何してんの?
みやがあなたの頬を引っ張ってて、
あなたは抵抗しようと胸を押してる。
宮下 真冬
宮下 真冬
なぐにお仕置き中
あなた

はいへー!

宮下 真冬
宮下 真冬
なんて?
あなた

はいてーー!

宮下 真冬
宮下 真冬
吐くわけないだろ。
あなた

はうしっ!

秋野 陽太
秋野 陽太
最低だろ?
あなた

ほれっ!

秋野 陽太
秋野 陽太
はいはい。てかなんか邪魔したみたいでごめんな。戻るわ。
あなた

あっ待ってっ

いつの間にかみやに解放されていたあなたが俺を目掛けて近づいてくる。
秋野 陽太
秋野 陽太
なに?
あなた

ファ・・・・・・やっぱり・・・いいや。
ごめんね。引き止めて。また後で

秋野 陽太
秋野 陽太
あなた?
楠瀬 愛莉紗
楠瀬 愛莉紗
ようくん・・・!
バタンと扉の開ける音と共に愛莉紗がその場に現れた。
秋野 陽太
秋野 陽太
どうしたの
楠瀬 愛莉紗
楠瀬 愛莉紗
キャンプファイヤー見に行こう!
2人ともまたね〜
そう言って愛莉紗は俺の腕を引いていく。

あなたはみやの隣に座っていた。




最後に見えたのだが、、みやにあなたが抱きついているように・・・俺には見えた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

桜 牡丹餅 *❀٭
入賞者バッジ
桜 牡丹餅 *❀٭
tap please ❥❥❥ 桜 牡丹餅*❀٭ ❄今年の目標❄ 新しい種類の小説にチャレンジ👑 ᵃⁿᵈプリコンで入賞👑 達成💮 第6回プリコン:準グランプリ👑 恋愛相談アプリ 《更新中》 クッキーに想いをのせて -続編- お面の君と私の想い 短編小説集 《完結》 〜夏時雨〜両思いをこじらせている2人[完] 運動少年と文学少女。《完》 お届けものです。~完~ クッキーに想いをのせて〔完〕 恋愛相談アプリ 《完》 想い出がここに。 *the end*
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る