無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第38話

最終話 秋霖
〜陽太side〜
俺は、あなたの部屋のテーブルの上でノートを開いた。

中は・・・diaryと書いてあった。





diary
【秋霖】
陽太君へ。


あなたがこれを読んでいる頃、私は・・・そっちの世界には、いないのでしょうね。


このノートは、【秋霖】という題名の私の気持ちを書いた小説(日記)のようなもの。



あなたへの気持ちを書いたから、最後まで、ちゃーんとよんでね!
急だけど、私は陽太君の婚約者と初めてあった日。

帰ってから・・・気づけば、病院でした。


母から、言われたのは、余命一週間ということ、


だから、このノートに陽太君への気持ちを書いたよ。
ありがとう。


短い間だったけど、そばにいてくれてありがとう。

私を呼んでくれてありがとう。

大切な人と言ってくれてありがとう。

あの日、一緒に帰ろうと言ってくれてありがとう。
そんな陽太君が私は好きだったよ。
秋霖。

この題名の意味はね。

雨が響いていますね。

って言う言葉を秋野くんの秋の雨ってことで、


秋霖になったんだ。


意味は・・・あなたの事が好きでした。



私は陽太くんのことが好きだった。

これからも変わらずに好き。

だから約束をしてほしい。




嬉しいこと、楽しいことがある度私のことを思い出してね。

心の隅っこでいいから、私を置いていて

恩着せがましいかもだけど、私はあなたに忘れて欲しくはないよ。


大好きだから。



幸せになって下さいね。



約束だぞ!!






あと、最後まで1方的でごめんね。





大好きです!ありがとう!




















俺は・・・涙が止まらなかった。



こんなに・・・両思いだったのに・・・


伝えられなかった思いは・・・




こんなに辛いのか・・・





俺も、俺も、
秋野 陽太
秋野 陽太
あなたのことが好きだよ。
忘れない。約束守るからな。
今までありがとう。


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

桜 牡丹餅 *❀٭
入賞者バッジ
桜 牡丹餅 *❀٭
tap please ❥❥❥ 桜 牡丹餅*❀٭ ❄今年の目標❄ 新しい種類の小説にチャレンジ👑 ᵃⁿᵈプリコンで入賞👑 達成💮 第6回プリコン:準グランプリ👑 恋愛相談アプリ 《更新中》 クッキーに想いをのせて -続編- お面の君と私の想い 短編小説集 《完結》 〜夏時雨〜両思いをこじらせている2人[完] 運動少年と文学少女。《完》 お届けものです。~完~ クッキーに想いをのせて〔完〕 恋愛相談アプリ 《完》 想い出がここに。 *the end*
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る