無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

応援
(瞬side)
担任
えっと…今日の休みはあなただな。
えっ…あぁそうか…昨日の今日では無理か…

優…本当にあなたのことを…?

一言もそんなこといってなかったのに…

今日あなたいないし聞いてみよ
優!
ん?どうした?瞬
優の好きな人って誰なの?
すると優はうつむいた

のぞくと顔が真っ赤になっていた
…ボソッ
優の声が小さすぎて聞こえなかった。
ごめんもう一回!
優は俺の方を向いて

好きな子の名前を言った。
あなた…
やっぱりそうだったんだ。

また俺の胸がチクッとした。

もしかしてなんかの病気なのか?
いつから?
俺に相談してくれよ~
優の顔が少し悲しそうにみえた

なんかあったのかな?
ごめん。タイミングがあわなくてさ
そっか~
これからは相談してくれよ!
応援するからな!
うっうん。
胸が痛い。なんで…