無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

班長と副班長
陽斗
ごめーん待った?ww
よろしく~
歩睦
よろしくー
陽斗と歩睦。
まぁ根はいいやつだから
仲良くしてあげて。
陽斗
ちょっww瞬ww
それぱっと見が悪いみたいじゃんww
歩睦
まーいいんじゃなーい?
あなた

あははっ!
よろしくね~

美涼
ね!さっさと班長と副班長
決めちゃお!
あなた

そだね!


〔沈黙〕



やっぱり誰もやらないよね~😅

さっさと決めたいしやろうかな

そう思っていると陽斗くんが手をあげた。
陽斗
班長は瞬がいいと思う!
はぁ?
あかり
私も瞬くんでいいと思います。
瞬くんはため息をついた
やればいいんでしょやれば。
頼んだらやってくれる

そこが瞬くんのいいところだよね~
美涼
じゃあ副班長は?
しーん
この沈黙 本当に嫌なんだよねww
あなた

私やろうか?

美涼
賛成の人手をあげて!
ばっ!!
全員あげたww

まぁいいけどさぁw

美涼が一番適任な気もするけど…

決まったしやらなきゃいけないことは

しっかりやらなくちゃ!
歩睦
じゃあ班長 副班長がんばれー
あなた

はーい頑張りまーす