無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

お昼休み
あなた

やっとお昼だぁ!!

美涼
あなたお弁当食べよ~
あかりちゃんも誘って!
あなた

そうだね!!

私たちはあかりちゃんのところへ向かった。
あなた

ね!あかりちゃん!
私たちとお弁当一緒に食べない?

あかり
えっと…あの…
あかりちゃんは少し戸惑っていた。
美涼
あっもしかして他に
お弁当一緒に食べる人がいるの?
だったらごめんね🙏💦
あかり
あっ違うの!
誘ってもらえるなんて
思ってなかったから。
あなた

もう…あかりちゃん
かわいい!

私はあかりちゃんを抱き締めた。

あかりちゃんはすごくビックリしたみたいww
美涼
ごめんね。あなたはすぐ抱きつくの
男子にはしないと思うけどww
あなた

あたりまえ。
男子に抱きつくか!w

あかり
ふふっ
あかりちゃんが笑った顔初めてみた!

いままで緊張してる顔だったからなぁ

笑った顔はさらにかわいいね💕
あかり
あなたさん 美涼さん
ありがとう。うれしい。
あなた

さん なんて堅苦しい
呼び方しなくていいよ!
あなたって呼んで!

あかり
…あなた
あなた

そう!

美涼
私も美涼でいいよ
あかり
…美涼
呼びすてはやっぱり緊張するよねw

あかりちゃんのような女の子ならなおさら
あなた

あのさ…あかりって呼んでいい?

美涼
私もあかりって呼びたい!
あかり
いいよ!
あかりは満面の笑みを浮かべた。

さぞかし世の男子はみんなすぐ恋に落ちるね