無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

カウントダウン
ガラガラガラ
教室のドアを開けた。

もう瞬くんは学校に来てたみたい。

席が隣だから話しやすくてよかったぁ

私は自分の席へ行った。
あなた

瞬くんおはよっ

おはよう。あなた。
私もうドキドキしてるw

告白するのは放課後なのにw

瞬くんの周りに人がいないことを確認した
あなた

ねぇ…今日の放課後
話したいことがあるの。いいかな?

おー。いいよ。
あなた

じゃあ放課後になったら
屋上に来てくれる?

わかった。
授業中は瞬くんと何でもない話をたくさんした。

いつもそうなんだけどねww

まぁ先生に見つかって怒られることもあるけどw





キーンコーンカーンコーン…
えっもう放課後!?

時間早い~

すっごく緊張してきたっ

さっきまでバカなこと喋ってたのにw
美涼
あなた!ふぁいと💕
あかり
がんばってきてね
あなた

うっうん!