無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

...姉御な生徒はツンデレさん!?
真美side

"なんだ、大したことねぇーじゃん。"

そんなことを思っていると、不意に声が掛かる。


女子生徒「...(勢い良く)あの!!!!!」
真美「...。
(そっけなく)ん?」
女子生徒「...(緊張と恐怖に立ち向かうように)

ありがとうございました!!」
真美「...(またまたそっけなく)何が?」
女子生徒「...(緊張と恐怖に耐えながら)

助けて...頂いたので!」
真美「...



誰が、あんたを助けたって?」
女子生徒「...(困惑したように)えっ?」
真美「ただ、バカなヤンキーがうちの高校で好き勝手やってやがるって言うから、ちょっと出てきただけ。

それに...



あんただけじゃ、どう考えたって太刀打ち出来ねぇーだろーよ?
それだけ。
別に、礼を言われることじゃねぇーよ。




...(ほんの少し微笑んで)あいつらのせいで、授業遅れてんだろ?
早く行けよ。」
女子生徒「...(パァっと明るくなって)はい!!!!!
ありがとうございました!!
失礼します!!(急いで教室へ向かう)」


情報通の仲間「...(真美の近くに来て、小声で)
いいんですか?明西のヤツら、そのまんまにして。」
真美「(クールに)いいよ。
どうせ、また来るんだろーし。
よし、俺、授業戻るから!
(微笑んで)ありがとな。教えてくれて。」
情報通の仲間「いいえ。
姉御の為なら、お安い御用ですよ!」
真美「ありがと。

また、何かあったら頼む。」
情報通の仲間「ええ。
おまかせあれ。」
真美「じゃあ、またな!(颯爽と去る)」
情報通の仲間「ありがとうございました!!(深々と頭を下げる)」
真美「...。(黙って背中越しに手を振る)」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Chihiro.K 💋xxxx
Chihiro.K 💋xxxx
特に、フォローしてくださる方!! 必ず、読んでくださいo(*^▽^*)o 10/4/2018更新 松島聡くん世代のちひろです(*ˊ˘ˋ*)♪ 菊池風磨くんよりのall担(*ˊ˘ˋ*)♪ Respect Boy:亀梨和也くん✨(KAT-TUN) ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆* 貴方はいつだって、ボクの心を惑わせる。 ...貴方のためなら、ボクが今まで積み重ねてきたもの全てを捨てる覚悟がある。 それくらい、貴方のこと、愛してるから.../// ちょっと意地悪で、悪ノリが大好きで。ダラダラするのも大好きな、一見どうしようもない人だけど。 でも。 いっつもギリギリで生きてて、かっこよくて、少年の心を忘れない。見た目は平成なのに、中身は昭和の男。 そんな貴方を、ボクは愛しました。 ボクがこんなにも人を愛することが出来るなんて思わなかった...。 ありがとう!! 巡り合わせって、ほんとにあるんだね。 初めて好きになった頃は、ピュアだったなぁ〜。 いつか隣で笑ってほしい...。 ただ、それだけ。 今は、せめて、片想いさせてください...。 いつか...愛し合える日が来ると信じて...。 ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:.. 専用MYタグ→ただ愛して...。 ↑パクリはやめてください!! 長々と、失礼しました!!
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る