無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

124
2017/10/19

第4話

...姉御の唯一の弱み。
真美「...(静かめに教室のドアを開けて)
...せんせー。
戻りましたー。」
担当教員「...真美さん!!
怪我は無い!?」
真美「...全くの無傷笑
だって、ちょっと脅してやったら逃げ帰ったし笑」
担当教員「...(ふぅ。)良かったわ! 」
真美「せんせ、俺のこと見くびってんでしょ笑?

そこまで弱くねぇーよ?」
担当教員「そんなこと言ったって、心配よ!
貴女、女の子なんだから。」
真美「...!(一瞬驚いた表情)



...。(そして、切なそうに俯く)」