無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

...姉御の弱音
?「おっ、真美!」


真美side
相変わらずうるせーな笑
えっ?あいつ?
あー、俺の友だちで喧嘩仲間の佐々山祐叶(ささやまゆうと)。
まぁ、愛想のいい爽やかイケメンなんだけど、いかんせんうるせーんだ笑
てか、ただのうるせーバカっていう笑
でも、なんか波長が合うらしいんだよなー!



真美「なんだよ、うるせーな笑」
佐々山祐叶「そんなこと言ってー!
ほんとは、俺の登場を心から喜んでいるんだろ?」
真美「いや、「またうるせー奴が来たよ笑」って思ってる笑」
祐叶「そんなー( ๑´•ω•`๑)」
真美「だって、うるせーじゃん笑」
祐叶「そんなこと言うなよ〜笑」
真美「笑笑
おもしれーヤツ笑」
祐叶「やっぱ、真美は笑顔のほうがいいよ!」
真美「はぁ笑?
どうした笑?急に笑笑」
祐叶「...





あの先生の言ったこと、気にしてんだろ?」




真美side
祐叶が珍しく真剣な顔をして言う。
胸が苦しくなる。
すごく苦しくて、おかしくなりそう。
俺、祐叶にこんなこと言ったの、初めてだな...。






真美「...。




祐叶...。







俺...












苦しいよ。」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Chihiro.K 💋xxxx
Chihiro.K 💋xxxx
特に、フォローしてくださる方!! 必ず、読んでくださいo(*^▽^*)o 10/4/2018更新 松島聡くん世代のちひろです(*ˊ˘ˋ*)♪ 菊池風磨くんよりのall担(*ˊ˘ˋ*)♪ Respect Boy:亀梨和也くん✨(KAT-TUN) ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆* 貴方はいつだって、ボクの心を惑わせる。 ...貴方のためなら、ボクが今まで積み重ねてきたもの全てを捨てる覚悟がある。 それくらい、貴方のこと、愛してるから.../// ちょっと意地悪で、悪ノリが大好きで。ダラダラするのも大好きな、一見どうしようもない人だけど。 でも。 いっつもギリギリで生きてて、かっこよくて、少年の心を忘れない。見た目は平成なのに、中身は昭和の男。 そんな貴方を、ボクは愛しました。 ボクがこんなにも人を愛することが出来るなんて思わなかった...。 ありがとう!! 巡り合わせって、ほんとにあるんだね。 初めて好きになった頃は、ピュアだったなぁ〜。 いつか隣で笑ってほしい...。 ただ、それだけ。 今は、せめて、片想いさせてください...。 いつか...愛し合える日が来ると信じて...。 ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:.. 専用MYタグ→ただ愛して...。 ↑パクリはやめてください!! 長々と、失礼しました!!
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る