無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

107
2017/11/12

第6話

...姉御の弱音
?「おっ、真美!」


真美side
相変わらずうるせーな笑
えっ?あいつ?
あー、俺の友だちで喧嘩仲間の佐々山祐叶(ささやまゆうと)。
まぁ、愛想のいい爽やかイケメンなんだけど、いかんせんうるせーんだ笑
てか、ただのうるせーバカっていう笑
でも、なんか波長が合うらしいんだよなー!



真美「なんだよ、うるせーな笑」
佐々山祐叶「そんなこと言ってー!
ほんとは、俺の登場を心から喜んでいるんだろ?」
真美「いや、「またうるせー奴が来たよ笑」って思ってる笑」
祐叶「そんなー( ๑´•ω•`๑)」
真美「だって、うるせーじゃん笑」
祐叶「そんなこと言うなよ〜笑」
真美「笑笑
おもしれーヤツ笑」
祐叶「やっぱ、真美は笑顔のほうがいいよ!」
真美「はぁ笑?
どうした笑?急に笑笑」
祐叶「...





あの先生の言ったこと、気にしてんだろ?」




真美side
祐叶が珍しく真剣な顔をして言う。
胸が苦しくなる。
すごく苦しくて、おかしくなりそう。
俺、祐叶にこんなこと言ったの、初めてだな...。






真美「...。




祐叶...。







俺...












苦しいよ。」