無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

34
2019/09/04

第9話

数年後の姉御。
あれから数年。

あの後、少し精神的に不安定で体調を崩した真美だったが、すぐに元気になって戻ってきてくれた。

そして、俺たちは今日、高校の卒業式を迎える。
俺らは、結局最後まで喧嘩をすること無く3年の初めに引退し、チームは後輩たちによって引き継がれた。

...「彩の_くろひょう_黒豹」の二つ名を遺して。

「彩の黒豹」とは、真美の二つ名。
彼女は、最後まで伝説だった。
今の不良たちで、この二つ名と彼女と存在を知らない者はいない。
あの、「浜の獅子」と言わしめたスターヤンキー·桜田門仁亮(さくらだもんよしあき)を降したんだから、当たり前か。

「浜の獅子」と言えば、それこそ日本に敵無しと言わしめた言わずと知れた伝説のヤンキーだ。
しかし、真美はそんな「浜の獅子」を、ものの数分でボコボコにした。
だからこそ、彼女は新たな、そして誰も超えられない伝説のヤンキーとなったのだ。

そんな、きちんと授業は受ける名ヤンキーの卒業。
それは、教師ですら惜しがるものだった。