プリ小説

第32話

らぶ32
岡崎 優哉
岡崎 優哉
あなたっ、ほんとに悪かった。
あなた

ほっ、ほんとにおかざきくん、?

ふぇっ、夢見てるみたいだよぉ。。

岡崎 優哉
岡崎 優哉
ぇ、?
あなた

だっ、だって!もう二度としゃべれないかもって、何度もっ思ってて、、

元は私のせいだけど、ほんとにっ辛かった。。
岡崎 優哉
岡崎 優哉
あなた、泣くな。

お前のせいじゃねぇ。
俺のせいだから。
あなた

ふぇっ?

完全悪いのはこっちなのに、、
岡崎 優哉
岡崎 優哉
俺、嫉妬したんだ。
、、あなたと一翔が一緒にいるとこ見て。

っと情けねぇ。。
岡崎 優哉
岡崎 優哉
だから、あなたのせいじゃねぇから。
安心しろ?
どうして、、?

なんで貴方はそんなに優しいの?


思わずまたぽろっと涙がこぼれてくる。

そして、自分から抱きしめた。
岡崎 優哉
岡崎 優哉
ちっ、どうせお前らのことだ。
俺とあなたを仲直りさせようと思ったんだろ?
あなた

ふ、ぇ?

そうなの、、?
齋藤 一翔
齋藤 一翔
さすが彼氏だね。
彼女のことはお見通しか?
ほんとにそうだったの、、?
西原 蒼汰
西原 蒼汰
あーあ、もうちょっとで僕のものに出来そうだったのになぁ。
ぇ、ちょっと変態発言聞こえたのですが。。
宮村 瑠樹
宮村 瑠樹
、、次こんなことになったら本気で抱く。。
ちょっとではありませんでした。。
岡崎 優哉
岡崎 優哉
ぁ?俺だけだぞ、あなたを抱いていいのは。
齋藤 一翔
齋藤 一翔
はいはい、俺らにとられたくなけりゃあなたともうけんかなんてするなよ。
なんか感謝だなぁ、齋藤くんたちのおかげで岡崎くんと仲直りできたんだもん。
あなた

皆、、ありがとう。

私は思わず声に出してしまった。
西原 蒼汰
西原 蒼汰
なぁに、あなた。
さっきの続きしたくなっちゃったの?
宮村 瑠樹
宮村 瑠樹
、、俺はいいぜ。いつでも、な?(ニヤッ
岡崎 優哉
岡崎 優哉
じゃあお前らのものにならねぇように、先に俺のものにしとくか。な?あなた。
なんかすごくこれから危機感感じます。。
















更新、かなりマイペースでごめんなさい🙏🙏

次回!ついに😍😍

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

こっ子。( 1 5 )
こっ子。( 1 5 )
春🌸から高校生。(♀) 隠れ腐女子ないえい✌ →更新まいぺーす→→ 日常組推してます。 他は、ピアノ/歌/ハイキュー/赤髪のとも/あしあと...等々。 👈同じ趣味の人と絡みたいです!! コメント お気に入り ♡♡♡ いつも有り難うございます😃 フォロバ120%なので気軽にどうぞ!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る