プリ小説

第35話

らぶ35
『ガチャっ』

私たちが今日寝る部屋の鍵を岡崎くんが開けた。
岡崎 優哉
岡崎 優哉
なぁ、あなた、、分かってるよな?
これからどうするか。。
私はこくんと恥ずかしながら頷いた。
岡崎 優哉
岡崎 優哉
俺っ、もう限界なんだけど、、いいか?
へっ?
あなた

ま、待って!
、、お風呂入りたい。

岡崎 優哉
岡崎 優哉
、、じゃあ一緒に入る。
あなた

え?!だっだめ!

そんなの恥ずかしいよ。。
岡崎 優哉
岡崎 優哉
だったらこのままベッド行く。
そうして、岡崎くんは私のお尻に手をおいた。
あなた

、、じゃあいいよって言うまで入らないでね?//

仕方ないじゃん!
このままだとなんか汚いし。。


すると、
岡崎 優哉
岡崎 優哉
、、分かった!
どこか嬉しそうに岡崎くんは元気よく返事した。

そして、リビングの方へ行ってしまった。




脱衣場に入って服を脱いでいく。

いいよって言うのはもちろん湯船に完全に浸かってから。

だけど、、
岡崎 優哉
岡崎 優哉
なぁっ、あなた。。
今服ぬいでんの?
あなた

ぇ、うん。。

岡崎 優哉
岡崎 優哉
ごめん、俺もう我慢できねぇっ。
そうしびれをきかしたような声が聞こえてきて、、

なんと、脱衣場に岡崎くんは入ってきたのだ。
あなた

ぇ、きゃっ。
だ、だめって、、//

今はもうあと上は下着で下はスカートとショーツだけ。
岡崎 優哉
岡崎 優哉
う、わ、えっろ。
、、俺が脱がしてやるよ(ニヤッ
あなた

ぇっ、や、ぁ//

徐々に優しく脱がしていく岡崎くん。

その行為一つ一つが何だかこれからすることを表してるようで、、
岡崎 優哉
岡崎 優哉
あれ?やめてって言ってるわりには下、濡れてきてるよ?
あなた

はぅっ、、ん//











今回短めですみません。
あと更新遅くなってごめんなさいー!

🔞シーンは少しずつ分けて更新したいと思います。

よろしくお願いしまーす_🙋

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

こっ子。( 1 5 )
こっ子。( 1 5 )
春🌸から高校生。(♀) 隠れ腐女子ないえい✌ →更新まいぺーす→→ 日常組推してます。 他は、ピアノ/歌/ハイキュー/赤髪のとも/あしあと...等々。 👈同じ趣味の人と絡みたいです!! コメント お気に入り ♡♡♡ いつも有り難うございます😃 フォロバ120%なので気軽にどうぞ!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る