プリ小説

第3話

お宅ほうもーん
作(なんか…恋愛小説みたいになってる…
シリアスとギャグの間になりそうです💧)

-----------------------
あなたside



こんな部屋メンバーに見せられないぃぃぃぃ((



嵐の切り抜きの隣に自分達の切り抜きファイルあるし



翔君の公式写真の隣に淳君の公式写真飾ってあるし



心なしか部屋全体が赤と黄色に染まってるし



片付けないと!



あ「これで、大丈夫でしょ… 神ちゃんに連絡してっと。」



この時私は気づかなかった…





1枚の写真が落ちていたことを…

-----------------------
照史side

今あなたの家に向かってます。



しげと望だけが心配やなぁ…



あいつらあなたの家荒らす気満々やで?



なんか隠している事は確実やな…。



…俺もこの時気づかなかったんや。



この後嵐のDVDなんて見てられる状況じゃ
なくなってまうなんて…

-----------------------
大毅side



あなたの家楽しみやわー!



大「着いたーー!」



ピンポーン

あ「ほいほい!」



ガチャッ

あ「うぉ!しげやった!びっくりしたぁ!」



大「なんや!俺やあかんかったんか!w」



あ「どーぞ。お入りくださぁーい。」



大「無視すんなや!w」



さらっと無視したでこいつ!後で仕返ししたる!

-----------------------
智洋side

7人「お邪魔しまーす。」



なんや、あなたの家めっちゃきれいやんか!



…翔君に染まってるなぁ!



ほんまに大好きなんやな。



俺が流星好きなみたいに♡ (作)え!?それは…えー!



(。・ω・)σ゛ツンツン

神「ん?どした?あなた」



あ「あなた達は何のために私の家に来た?」



神「嵐のDVD見る為やろ?」



あ「そーだよね?( ╬ ´^▽^`)」



あ、怒ってるよ?あなたさん笑いながら怒ってるよ?



あ「お前らなにやってんじゃゴルァァァァァ!!
人の部屋を荒らすんじゃなあぁぁぁぁぁい!!」



望流大(((ビックゥゥゥ!!)))



あ「私だって怒る時は怒りますから!
関東人なめてもらっちゃ困るね(💢'ω')」



望流大「す、すいませーん💧」



あ「۹(◦`H´◦)۶プンスカ!」

-----------------------
望side

おーあなたこわっ!



…ん?あーあなた隠してるんこれかぁ?



いーもんみーつけた♪



しげと問いただしてやろwww



望「しげしげ(ボソッ)」



大「んー?…これ?これ隠してたん?w」



望「後で問いただしてみよぉーやw」



望大「wwwwww」









作(しげとのんちゃんキャラ崩壊|ω✧´) キラーン!
担当の方すいません💧)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

翔3・´)淳∀б)LOVE❤💛
翔3・´)淳∀б)LOVE❤💛
欲張りだけど、2人の隣狙ってる系女子。 自由気ままに投稿します。 語彙力、関西弁、等々…ないです(( どーか温かい目で見てください…((