プリ小説

第6話

♯3.蘭丸とSession St.2
ソファーに移動してから……
黒崎蘭丸
黒崎蘭丸
そろそろ、物足りないだろう?
天宮美歌
っはぁ…///黒崎先輩…///
黒崎蘭丸
黒崎蘭丸
蘭丸でいい。堅苦しい呼び方をすんな。
天宮美歌
でも…‼
黒崎蘭丸
黒崎蘭丸
ほら、呼んでみろよ。
天宮美歌
ら、蘭丸先輩///
(Chu…) 
黒崎蘭丸
黒崎蘭丸
これからは、そう呼べ。
天宮美歌
はい。
首筋に唇を当てる蘭丸。
天宮美歌
んっ…///
黒崎蘭丸
黒崎蘭丸
逃がさねぇーって言っただろ。
美歌の後頭部を優しく支えて、唇を重ねる蘭丸。
天宮美歌
っはぁ…///蘭丸先輩‼
ベースの弦を弾くかの様に、美歌の下腹部の中を掻き乱す。
天宮美歌
ああっ…‼/////
黒崎蘭丸
黒崎蘭丸
もっと、聞かせろよ。
天宮美歌
んっ…///っはぁ…あっ…/////
黒崎蘭丸
黒崎蘭丸
イけ‼
天宮美歌
あっ…‼/////
指だけでイカされた美歌。
黒崎蘭丸
黒崎蘭丸
(ったく…これじゃ、無理に抱く事が出来ねぇー💧まあ、時間かかってでも次はもらうか。)
苦笑い混じりに共に夜を明かす二人だった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

歌音♪
歌音♪
うた☆プリWORLDが、半端なく好き過ぎってくらい好きです(笑)特に、一ノ瀬トキヤ,美風藍,砂月が大好きです😆💕✨その他にも、好きなキャラクターがいますが、それはそれで追々話せたらいいと思っています😊後、返せる時とそうでないのが非常に激しいです😅何はともあれ、これから、宜しくお願いします🙇⤵ペコッ ひとみん@まえぬ、姫、来栖美桜は大切な人だから傷付けたら、許しませんよ!! 後…Twitterにもいます‼♪歌音♪トキヤ&カミュに依存💕で登録しているので、もし、良ければこちらにもどうぞ😊@M3VegRG3K7TaWdです。気楽に、フォローを宜しくですm(__)m⤵ ※小説を読んだ際は、必ずコメント💬を下さいね。私も、出来る限り返信します‼
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る