無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

決行日
8月11日。

先生は気を失っていた。

「はあ・・・はあ・・・」

「りん!しっかりしろ!」

私はパニック状態だった。

「おい!」

なんとかロープの輪っかに先生の首を置いた。

ギュー。

「うーーー!」

先生の苦しむ顔を二人でみた。

顔が真っ赤になって先生が死んだ。

「はあ・・・はあ・・・」

ギュッ。抱き締められた。

「大丈夫だから」

あーあー、また人を殺した・・・。

「うん・・・」

でも悪いのは先生・・・。

そうだよね?れん・・・。


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

くるりん
くるりん
いつも読んでくれてありがとうございます! お気にい入り登録100人突破! これも、読者様のおかげです! 片思い中の人。是非読んで下さい♪ もちろん!そうじゃないひとも♪ 泣ける恋。ドキドキする恋をどうぞ♪ たまに殺人ものも(笑)
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る