無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第4話

俺の気持ち。
星亜side

なんか急に俺と叶希の関係について
の話になってて。


風羽「でも、両思いじゃん。」


星亜「は?誰が叶希をすきになるか!」


あっ、言っちゃった。


思ってもないのに。


本当は好きなのにな…。


叶希「こっちだって!
   誰が星亜を好きになるもんですか!」


えっ、まじかー。


登衣「おいおい。
   2人とも見栄はんなよー。」


紗音「そうそう。本当の事いいなよー。」


2人とも?本当の事?


もしかして、叶希も俺の事…。


いや、ないよな。


俺のただの片思いだよな。


星亜「別に見栄はってねーし。
   好きでもねーし。」


登衣「ちょっと星亜こい!」


< 廊下の隅で。>


登衣「星亜、叶希の事好きなんだろ?
   なんであんなこと言ったんだよ。」


星亜「別に。もしあそこで
   本当の事言っても困らせるかもだし
   告白とかはちゃんとしてーなって
   思っただけだけど。」


登衣「あっ、そっか。ごめんな。
   俺も余計なこと言っちゃって。」


星亜「別に。俺のためにだろ?
   ありがとな。」


登衣「おん。本当にお前らお似合いだと
   思って、早くくっついてほしいと
   思ってさ。」


星亜「あー、叶希の心が知りたい!」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

🌈 海月
🌈 海月
リクエストなど募集してます★ ただただJUMPくんたちで妄想してます。
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る