無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

3,907
2017/10/31

第12話

これはヤバイ 〈白濱亜嵐〉
(片寄涼太) みなさん 盛り上がってますかー?


(観客席) イェーーイ


(白濱亜嵐) 今日のお客さんいつもよりかわいい人多いでーーす

って、メンさんが言ってました笑





ハァーーー、LIVEって楽しいな…



(佐野玲於) ねぇ、亜嵐くん


(白濱亜嵐) んー?


舞台下に行った瞬間玲於に声をかけられた


(佐野玲於) ずっとさ、5列目ぐらいの目の大きな女の子のこと見てない?笑


(白濱亜嵐) み、見てぇねよ!


わぁ、バレてたか
焦りが隠せない



俺は見つけてしまった

俺の顔のフェルトに女の子の顔には白濱の文字

目が大きくてクリクリでそんなにメイクもしていない感じの大人しそうな子

普通にタイプすぎる



(佐野玲於) うーわぁ、バレバレ笑


(スタッフ) 佐野さんお願いします!


(佐野玲於) はーい! んじゃ、いっぱいあの子のとこ行かせてあげるよ笑


(白濱亜嵐) いいよ!笑




玲於のダンスパートが始まった

次は俺の番



飛び出したところは、ちょうどあの子の前



踊りつつも見てしまう





(佐野玲於) ちゃんと見た?


裏に戻るとすぐに駆け寄ってくる玲於


(白濱亜嵐) み、見てぇねよ笑


(佐野玲於) 分かりやっす


もっと、アピールしなきゃ俺のファンにしちゃおーかな笑





talktime…





(佐野玲於) 舞台裏でうちのリーダー言ってたんですけど…


(白濱亜嵐) あーーー、何もないない!笑





もぉ、玲於はほんとに幼いやつだ






最後の自由に動けるときだ…



龍友くんが駆け寄ってきた



(数原龍友) ちょ、どこいんの かわいい子


(佐野玲於) こっちこっち!


もぉ、2人して…

(白濱亜嵐) 龍友くん!玲於!


そう言いながらもニヤニヤしてしまう





(佐野玲於) なんかしてこいよ!笑

その言葉と一緒に玲於に少し前におされた







全力の口パクと全力の思いで



また来てね! ニコッ







はっずかしーーーーーーー。笑



もぉ、あの子は直視できないよ