無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

練習
そこには、7人のバックダンサーさんがいる!
みんな、経験者さんばっかり。私も頑張らなきゃな
ハンビン
じゃあ、iKONのメンバーと
バックダンサーさん二人一組で
ペアを組んでください。
まっまじか!ヤバイ誰になるんだろ…
だめだ!練習に集中しないと…💦
??
俺とペアの子は…
君だ!よろしくね?
あなた

えっあーー!

チャヌ
おぉ驚くことないのに!
あなた

だっだって!

チャヌ
もしかして、俺ペン?
私は全力で首をたてにふった。
言葉もでなかったから
チャヌ
おぉ!でも、じなんおっぱが
いってたように、練習には
その気持ち持ち込まないようにね?
あなた

わっわっわかってます!

チャヌ
じゃあ始めよっか。
めっちゃドキドキするぅぅ!練習どころじゃないよ!
チャヌなんて…てかまじでペンだったから、やばい!
チャヌ
ここの振り付けはこうだよ!
やってみよっか?
あなた

はい!

うーん、うまくできない
チャヌ
じゃあちょっと手かして?
あなた

はっはい!

チャヌ
こうゆうふうにやって、
こうやればできるかな?
あなた

さっさすが!すごいですね!
できるようになりました!!
教え方上手ですね!

チャヌ
あなたの覚えが早いんだよー
あなた

そんなことないですよ…え?

チャヌ
どうしたの?
あなた

なんでもないです!

なんで私の名前しってんだろ…なんで…?
自己紹介もしてないのに
チャヌ
あっあっ!つっつぎの振り付けはね
こうやってやるんだよ!!
チャヌが動揺した。どうしたんだろ…
もしかして…っ!そんなことないよね。


気のせいだね。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

みれい
みれい
みれいです!よろしくお願いします! iKON、BLACKPINKらーぶ💗 iKONの小説書いてます!見てみてください!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る