プリ小説

第2話

帰り道
一日目が終わり碧と帰った。
入学式の校長の話長かったね〜
あなた

ほんとだよね〜
やっぱり校長って何処の学校も長いんだね

なんて話しているとある話題が出た。
ねぇ今日クラスに気になる人でも出来た?
あなた

えぇーなんでぇー

いやなんか今日自己紹介の時にずっと私の知らない男子の事をずっと見てたから
あなた

あれは違うよ〜
あれはただ昔好きだった人に似てただけだよ〜

そうあれはきっと違う人だったんだ
そして私は家についてやることを済ませすぐに寝た。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

fate
fate
フェイトと申します! 少しずつ作って行くのでよろしくお願いします! 投稿が少なくなります!でも投稿されたら見てください!