プリ小説

第5話

ケーキ屋で見つけたあの人
あなた

着いたぁ〜

やっとだね〜
あなた

じゃあ中入ろっ!

うん
私達は店に入った。
あなた

碧どれにする?

私このイチゴのショートケーキー
あなた

じゃあ私はこっちのチョコの方にするー

私達はケーキを頼んだ。
私達はケーキを受け取ると外で食べたかったからテラスに向かった。
ねぇ一口頂戴〜
あなた

いいけど、その代わりに碧のも一口頂戴!

いいよー
あなた

はい口開けてー

ありがとう〜めっちゃ美味しい
じゃあ私もしてあげるよ
あ~ん
あなた

んんっ!美味しい〜

ねーめっちゃ美味しい
私達は食べ終わってから立とうとしたその時、反対側のスーパーに入っていく涼君の姿が見えた。
あなた

ねぇ今のって涼君だよね?

えっ?何処かにいた?
あなた

今スーパーに入ってった人が涼君ぽかったんだけど

えぇーじゃあさそのスーパー行ってみよ!
私達は食べ終えたケーキのゴミを片付けてスーパーへ向かった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

fate
fate
フェイトと申します! 少しずつ作って行くのでよろしくお願いします! 投稿が少なくなります!でも投稿されたら見てください!