無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

山田涼介2
あなた朝から裕翔に会えるなんて幸せー(*´﹃`*)💕
そうあなた先輩は、裕翔先輩が好きなのだ
涼介)呼び捨て((ボソッ
あなたんなんか言ったー?
涼介)いえなんでも
あなた何だ何だー言いたいことあるなら言っていいぞ
涼介)なんでも無いです。
あなたなになに?
涼介)じゃぁ言いますけどあなた先輩は、裕翔先輩の事
好きなんですよね。名前も呼び捨てにして好きなら
好きっていえばいいじゃぁ無いですか。何でそんなに
ためらってるんですか。俺は、先輩の事が好きです。
あなた、、、、、、
涼介)ハッ
すすいません聞かなかったことにしてください。
失礼します。
涼介)ハァー俺何してんだよ

涼介
先輩さっきほんとにすいません
あなた

ううん
いいよ

涼介
さっき言ったことは、忘れてください
涼介
でも俺が先輩、、、いやあなたが好きなのはホントです
あなた

、、、

あなた

明日朝会議室に来て

涼介
、、、はい

__________切りとり____________
下手ですいません