プリ小説

第13話

薮宏太
薮宏太、、、高3裕翔と友達
あなた、、、高2 裕翔がスキ

俺は薮宏太。裕翔の友達何だけどまーあいつはブツブツうるさい。どうやらアイツには好きな人がいるみたいでーよくひかと相談に乗るんだけど、あっこれはまだ先の話だけど、
俺は裕翔の好きなやつの顔を見たことがないし性格も分からないし、俺本好きだから想像してるけど。って俺ちょっとキモイwまっそんなこんなでちょっと前の俺の話が始まるぞ





裕翔)ねー薮ちゃーん
((ほらっまた始まったよ
宏太)オハヨー 何朝から
光)テンション低いねーやブッチ
宏太)ひかその呼び方やめて
光)でっ?どーしたのー?ゆうティー
裕翔)この前ーまたコクられてー
宏太)うざっ
裕翔)聞こえてるぞー
光)じゃぁさじゃぁさ
合コン行こよー
裕翔)いいねー行こっ
宏太)あっ俺パス
裕翔)はい絶対参加ー
光)はいっ行こー



女子と合流
女子1)ねー宏太君ってミステリアスでかっこいいよねー
女子2)うんカッコイイー
裕翔)ちょっと宏太お前何で俺よりもててるんだよー
女子3)ハハッ可愛いー裕翔君
光)ねーカラオケ行こー
女子)いいねー行こっ


カラオケ
ガヤガヤ
宏太)((ふっもう声かけてるよ裕翔
((おっどっか行ったー
まっ知らねー

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

山田勝慧人
山田勝慧人
よろしくお願いします