無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

起床
深夜の病院…暗い病院の廊下を懐中電灯をもって歩きながら患者の部屋を巡回する。
トト子
ふわぁトト子眠い
ブス美
トト子
トト子
あっブス美ちゃん
ブス美
どう終わった?
トト子
終わったーはぁ疲れたなぁブス美ちゃん明日夜勤?
ブス美
違うよ〜明日早番
トト子
そっかぁ早番かぁ大変だよねブス美ちゃん
今日は早めに終わらせるよ!
ブス美
そうだね
トト子
私ICU見てくるね
ブス美
分かった私戻ってる
トト子
了解〜!またね
ブス美
うんまた
トト子
はぁ…
いいよねあんなブサイク結婚できて
トト子
はぁ…やるか
くそニート達が奇病にかかってから、私は勉強して看護になったつーのに、ブス美なんかと同じ病院になって…結婚式にも呼んでくれなかったのになぁ
ケロッと久しぶりなんて言われて何が終わった〜よ先輩ぶらないでよ
ICUでトド松くんの、様子みてこよっかな
トト子はスキップしながら足軽にICU(集中治療室)へ向かった
防護服に身を包みトド松の様子を見る血圧
心拍酸素状況などをしっかりみる
トト子
うんっ以上無し!変わらないっ
トド松くん…早く目覚めて六つ子達が可笑しいのトド松くんが頼みの綱なの目覚めて
トド松の、手を握りしめる
ピクッとトド松の手が動く
トト子
えっ…動いた…
トト子
と、トド松くん!!私トト子よ分かる??
トド松の手がピクッとまた動く
トト子
やっぱり…
私はナースコールを押す
看護師達
どうされました?か
看護師達
トト子ちゃんどうしたの?
トト子
トド松さんが意識を取り戻しましたデカパン先生お願いします
看護師A
わかった!私呼びに行くね!後よろしく!
看護師達
了解
デカパン
来たダスよ
トト子
先生!
デカパン
大丈夫ダスか?トド松?痛くないダスか?
トド松はゆっくり口を開ける
トド松
デ…カ…パ…ン
デカパン
そうだスデカパンダス
トド松
か…ら…だ…い…た…い
デカパン
今楽にするダスよ
看護師A
鎮痛剤持ってきました
デカパン
投与するダス
トト子
っぅ…
デカパン
ここどこかわかるダス?
トト子
わ…か…ん…な…い
デカパン
そうダスね…分かったダス。
六つ子たちに連絡してダス
トト子
分かりました
トト子は足早にナース室へ行く