無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

#4勧誘
中島敦
中島敦
待って!
中島胡桃
中島胡桃
何?
中島敦
中島敦
探偵社に入ってよ!
太宰治
太宰治
敦くん!?
中島胡桃
中島胡桃
兄さん…。あのね、私は元ギルドのメンバーよ?入社なんて無理よ。
中島敦
中島敦
それは…。
太宰が大きな声で
太宰治
太宰治
敦くん!
裏返った声で敦は
中島敦
中島敦
は、はぁい!?
と言った。
太宰治
太宰治
君…。妹さんを助けたいんだろ?
中島敦
中島敦
は、はい。
太宰治
太宰治
敦くんの妹さ…いや、胡桃ちゃん。
探偵社に来なよ?
中島胡桃
中島胡桃
でも、探偵社の社長はなんというでしょうか?
太宰治
太宰治
大丈夫だよ。今、メールしたし。
中島敦
中島敦
さすが太宰さ…って、それ僕のケータイじゃないですか!?
太宰治
太宰治
さっき、盗んだ( ̄▽ ̄)
中島敦
中島敦
ちょ、ちょっと…
中島胡桃
中島胡桃
……はぁ。まぁいいわ。入社します。武装探偵社に。
中島敦
中島敦
え、本当に?
中島胡桃
中島胡桃
えぇ。これ以上居場所が無くなったら、私はもっと酷くなっているから。
太宰治
太宰治
じゃぁ、決定だね。
中島胡桃
中島胡桃
はい。
中島敦
中島敦
胡桃…。
中島胡桃
中島胡桃
これでいいの。これ以上居場所を無くしたくない。
太宰治
太宰治
では来週の月曜日、会おうね。
中島敦
中島敦
太宰さん、胡桃は今日僕の家にとめてもいいですか?
太宰治
太宰治
いいでしょ。
中島敦
中島敦
(ほんとにいいのかな?)




(主からのお知らせ💁)
久しぶりに投稿しました!語彙力半端なく、物語がまとまってないです。すみません!
急に話は変わりますが、この物語、長くしすぎると他のも出来なくなるので、胡桃が探偵社に合格したら(まだ分かりませんよ!?)終わります!本当にすみません!